ヘアマニュキュアで白髪染め

"覚えておきたい白髪染め情報や育毛情報などをお伝えします。
髪の毛のことで悩んでいる方は是非ご参考にしてみてください。

 

ヘアマニュキュアというのは、ヘアカラーと響きが似ているということから、混同されてしまうケースもありますが、ヘアカラーとヘアマニキュアというのは、基本的な働きが大きく異なっているのです。

 

ヘアカラーと比べるとヘアマニュキュアというのは刺激が少なく、髪や頭皮が傷みにくくなっていますし、表面がコーティングされるので、髪の毛にきれいなツヤが出てきます。

 

ヘアカラーの場合におきましては、脱色をして髪の内部に染料を浸透させることで発色させることになりますが、ヘアマニキュアは脱色をする必要がなく、髪の表面に染料を染みこませることで発色させます。"



ヘアマニュキュアで白髪染めブログ:190919

わたくしたちの健康を維持していく上で、
栄養バランスを考えた食べる事がとても大切になります。

特にエネルギー源となる3大栄養素、
たんぱく質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の
頭文字をとった、
PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。

PFCバランスは、
栄養の質を評価する指標のひとつです。

体質にとって理想的なPFCバランスの割合は
たんぱく質15%、脂質25%、炭水化物60%程度といわれています。

ご飯・麺類・菓子パンなどの炭水化物は、
わたくしたちの体質の主なエネルギー源として利用されます。

特に脳や神経系に関しては唯一のエネルギー源ですので、
不足すると頭の働きが鈍ってきます。

燃焼スピードが速いため、
体質の中に入るとすぐにエネルギーとなってくれます。

マグロ・ささ身・大豆などのたんぱく質は、
筋肉・爪・皮膚・内臓などを構成する細胞の主成分であり、
体質の機能を助けたり、調節する酵素やホルモンの材料となります。
わたくしたちの体質をつくる大切な栄養素です。

牛・豚バラ肉・ウナギ・さんまなどに含まれる脂質は
体質の細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、
ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

また皮下脂肪・内臓脂肪として内臓や骨格を保護したり、
体質の中に蓄積できる効率のよいエネルギー源になります。

ひとつのものに偏らず、
栄養バランスを考えた食べる事をとることが、
健康への大切な条件となるわけですね。

朝・13時・ばんと
24時間3食バランスのよい食べる事を心がけましょう。