育毛のメカニズムについて

"日本人の薄毛や白髪人口は世界的にみれば比較的少ない方ですが、それでも悩んでいる人は大勢います。
少ない分髪の毛の悩みというのは目立ってしまうもので、早急な正しい改善方法を行う必要があるのです。

 

育毛中は、そもそも髪の毛でどのような事が生じているのかということを疑問に考えてしまう人も多いことでしょう。
髪の毛自体に育つ細胞は「毛母細胞」となります。毛母細胞には寿命があり、そしてヘアサイクルがあります。

 

毛乳頭というのは 毛母の先端である髪の毛の根っこにあり、毛母細胞に増殖の命令を発している言うのでしたら髪の毛の司令塔という役目を果たしているのです。

 

少し前までは毛母細胞が育毛にとりまして非常に重要となるターゲットとされていたことがありました。
しかし近年の研究結果におきましては、毛母細胞以上に大切な存在である毛乳頭がクローズアップされています。"

ハワイアンジュエリーにおまかせ
ハワイアンジュエリーは当サイトへ
http://maile.co.jp/



育毛のメカニズムについてブログ:191123

私たちの私って、
血液中のブドウ糖の濃度が低い時(血糖値が下がった時)に
「お腹がすいたなぁ〜」と感じ、
食べ物を食べて血糖値が上がると、
「お腹がいっぱいになった」と感じるように
できているんですよね。

だから、
お腹がすいているのに我慢していると、
血糖値が下がり過ぎちゃうので、
ご飯を食べる時、ついつい食べ過ぎてしまうんです!

そこで私は、
ご飯の前にお腹がすいてしまったら、
あめ玉を一つ舐めるようにしています。

あめ玉は比較的カロリーは少なめなのに、
早めに分解されて血中に取り込まれるので、
血糖値も安定して、
お腹がすき過ぎるということを回避できるんですよね。
結果、食べ過ぎも防ぐことが出来るのです。

減量中は、
甘いものなどのおやつ類は厳禁と思われがちですが、
これらもうまく利用すれば、
逆に減量に役立つというわけですね。

また
我慢だけの減量で、
ストレスが溜まりがちになるのも避けることが出来るんです。

ストレスが溜まり過ぎると、
満腹感を得ることが出来にくくなり、
ご飯の食べ過ぎにつながったりします…

無理に我慢せず、おいしいものを食べると満腹中枢を刺激して、
食べ過ぎを防ぐことも出来るのです。

おいしいものを食べたり、好きなものを食べたら、
次のご飯は少し意識的にカロリーコントロールする…
と言ったふうに、
ただ闇雲に我慢するだけでなく、
トータルで帳尻を合わせれば、それでいいのです。

とりあえず、
あめ玉は減量の強い味方ですよ!

皆さんも、是非お試しくださいね!