薄毛とヘアサイクルとの関係

"身体の悩みというのは誰もが持っているもので、中でも髪の毛の悩みは頭を抱えてしまうことでしょう。
薄毛や白髪の場合、帽子を使用して隠そうとしている人もいますが、それは逆に進行を早めてしまうこととなるのです。

 

人間の髪の毛というのは、発毛した毛が成長していきそして抜け落ちてしまい、さらに生え始めるといった、いわゆる「ヘアサイクル」を通常4〜5年の周期で繰り返されています。
中には2年〜3年とも言われていますが、実はそこまで定かではないのです。

 

多くの人が悩みを抱えてしまっている薄毛やハゲの多くは、ヘアサイクルが何かしらの原因によって短くなってしまい、髪が完全に成長する前に抜けてしまっていることで引き起こしてしまっているのです。

 

ヘアサイクルというのは毛母細胞の分裂が活発になりグングンと髪の毛が成長している「成長期」、また毛母細胞の活動が低下してしてしまいあまり成長しなくなってしまう「退行期」、最後に完全に成長が停止してしまい髪が抜け落ちてしまう「休止期」に分けることが出来ます。"



薄毛とヘアサイクルとの関係ブログ:191001

みなさまは、
「低炭水化物減量」という
減量法をご存知ですか?

聞いたことがある人も多いかもしれませんが、
この減量法は、
決して安全な減量方法とは言えないようです。

低炭水化物減量というのは、
ライスや菓子パン、めん類などの炭水化物を一切食べずに、
からだの中に蓄えられた皮下脂肪を消費させて
減量をするという方法です。

ただ、
ライスや菓子パンなどを一切食べないという方法は、
生活習慣病につながる恐れがあるそうなんです。

炭水化物を摂らないかわりに、
脂質やタンパク質は摂ってもいいので、
動物性の食品を多く摂ってしまいがちです。

そのために、
生活習慣病を引き起こしてしまう恐れがあるらしいです。

また、全く炭水化物を摂らない食べる事制限では、
糖質を減少させることができますが、
糖質というのは
人間の脳にとって必要不可欠な栄養素なのです。

糖質の摂取が極端に減ってしまうと、
脳にダメージを与えてしまい、
偏頭痛を起こしてしまう人もいるそうですよ。

さらに日本人の場合は、
腸の長さと関係があるようで…
便秘になってしまう可能性が高いようです。

あたしたち日本人というのは、
昔からライスやうどん、塩ラーメンなどの
炭水化物が好きな人が多いので、これを食べないというのは
なかなか難しいことだと思いませんか?

このように低炭水化物減量は、
からだの健康のことを考えると
危険性が高い減量方法だと思います。

やはりバランスの良い食べる事を摂り、適度な体操をして、
健康的に減量することが望ましいですね。